2006年01月10日

バタフライスツール//柳宗理

バタフライ.jpg


形が蝶に似ていることから名前が付けられた『バタフライスツール』。しかし、柳氏はもともとスツールをデザインしようとしたのではなく、なんとく触っていた板材から使えそうな形ができたので、この形を思いついたそう。
2つの同じ形の成形合板を左右合わせることで生まれるシンメトリーが、このスツールの優美さを醸し出しています。
専用のクッション(赤、緑)も用意されているので、座り心地を心配する人も大丈夫。もちろん、和室にもハマるデザインです。床には2本の線で接しているように見えますが、実際は4点で接しているのでかなり安定しています。
MoMAにも展示してあり、山形県にあるメーカー天童木工のイメージシンボルともなっています。
Butterfly Stool/ 1954 天童木工 社製



posted by dai at 00:22| Comment(0) | TrackBack(1) | イス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スツール
Excerpt:  スツール
Weblog: 通販select
Tracked: 2006-01-10 22:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。